対人恐怖症の治療にかかる時間

対人恐怖症の治療にかかる時間

対人恐怖症は、治る病気ですが完治するまでに多くの時間がかかる病気なので、治療には時間が必要だということを理解して取り組むことが重要です。
どのくらいの時間が必要なのかというのはひとによってそれぞれです。
1か月くらいでほとんど症状が改善される人もいれば、数年もかかる人がいます。
症状が進行していれば進んでいるほど治療には長い時間がかかりますが、しっかりと治療に取り組んでいれば、治ることができる病気だと言われているので、最後まで諦めずに治療をしましょう。
自分に合った治療法が見つくることが出来れば、そんなに時間が経たないうちに人と普通に話をすることが出来るようになります。
人と話をする時に全然不安がないという状態になるまでは時間がかかったとしても、普通に人と接することができるようになるので、社会復帰も出来るようになるでしょう。
対人恐怖症を入院して治そうと思っているひとは、だいたい2〜3か月くらいの時間がかかることが多いようです。
ずっと病院にいなければいけないとなると違うストレスが出てきそうですが、最近はは通院で治療ができる病院が増えてきているので、入院と通院それぞれの状況に合わせて治療をすることもできます。
対人恐怖症はまず自分の意識の改善をしなければいけない病気でもあるので、自分がどれくらいまじめに治療と向き合うことができるかというところで、完治までにかかる時間が大きく変わってくるでしょう。
長年対人恐怖症で悩んでいた人が、治療を始じめたらすぐに症状が緩和されたという場合も多くあるので、きちんとした治療を受けてみるのがいいかもしれません。