対人恐怖症治療で使う薬とは

対人恐怖症治療で使う薬とは

対人恐怖症の治療は本人の潜在意識を見直したりしながらカウンセリングを行います。
もしそれだけで症状がよくならなかったり、意識をプラスに変えていくことが順調に進まなかったときは、薬を用いた治療がされることがあります。
精神系の薬はあまりいいイメージを持っていない人が多いと思いますが、症状を改善させるにはとても有効な方法なのです。
薬も一度でピッタリ合う人やなかなか合う薬が見つからない人もいるので、処方されるの薬の効能などをよく理解して、
医師と相談しながら自分に合う薬を探してみるのもひとつの方法になるでしょう。
では対人恐怖症の薬はどんな薬が処方されるのかあげてみたいと思います。
一般的にはSSRIやβ遮断薬、抗不安薬の3つの中からそれぞれに合ったものが処方されます。
SSRIは、もともとはうつ病のために作られた薬で、人前で話すときなどに不安を感じにくくなる作用があります。
飲み始めたらすぐに効くということではないので、その点を理解した上で服用をしましょう。
そしてβ遮断薬とは、精神的な原因がきっかけとなって起こる震えや動悸を抑える作用があります。
抗不安薬は、精神を安定させる効能がある薬です。
この3種類が対人恐怖症治療のための薬として用いられていますが、薬なので人によっては副作用があることも分かっておかなければいけません。
薬によっては眠気や吐き気などの症状が出ることもあるので、病院で薬を出してもらうときには、しっかり薬の副作用に関しても確認するようにしましょう。