対人恐怖症の思考を変える方法

対人恐怖症の思考を変える方法

対人恐怖症になり症状によっては、普通の人と考え方が少し変わってきます。
考え方には、自分だけなく周りにいる人も巻き込んでしまうケースが多く、症状が進むにつれ友達がいなくなってしまたり、社会に溶け込むことが不可能になることもあります。
対人恐怖症になったらいつも心に止めておきたいことは、自分は普通の人間だということです。
対人恐怖症の症状には、自分がほかの人よりに負けているとか、よく思われていないと思うようになりますが、ほかの人と全く同じで特別ではないと思うことが大切です。
自分と違う考えの人がいたとしても、何も変わったことではないのです。
人と考え方や価値観が違うのは当り前のことなので、話が合わなかったとしても思い悩む必要はありません。
また相手の考えや表情をあまり気にしすぎないほうがいいでしょう。
あの人が言ってたことは、本当はこんなふうに思っていたのではないかとか、疑い深くなってしまうことも、対人恐怖症の症状のひとつです。
ひとが言った言葉の裏を探るのではなく、相手の言葉そのままを受け止めても大丈夫なのです。
症状によっては、言葉を深く捕らえていまうあらり悪い結果を考えてしてしまうこともあります。
話したときの相手の態度が良くなかったから嫌われてしまったのではないかとか、良くない噂を聞いて友達がいなくなってしまうというような連想をして自爆してしまうことがあるのです。
対人恐怖症になってしまっても軽い症状のうちに、このような考え方を変えられるようにしたほうがいいでしょう。