引きこもりと対人恐怖症の関係

引きこもりと対人恐怖症の関係

引きこもりと言えば、学生が多いように思われますが、対人恐怖症から社会人になってから引きこもりになることも多くなってきています。
対人恐怖症になったことで引きこもりになってしまうことのほかにも色々な原因があります。
現実の社会で人と上手に付き合うことができず、学生だけでなく社会人も自分の殻に閉じこもってしまうケースが増えています。
ネットにはまってしまって外に出ることが少なくなり、人と関わりをもたなくなってしまって実際に人と上手くコミュニケーションがとれなくなってしまったという原因が考えられます。
引きこもりというと部屋から全く外に出ないというイメージがありますが、このようなケースは全体の10%未満といわれています。
引きこもりと言ってもだいたいの人は、近くのコンビニとかスーパーまでなら出かけられる人が多いのです。
ですから自分が引きこもりだと実感していない人もいるのです。
特に最近はインターネットを誰でも簡単にできるようになったために、ネットに依存して長時間パソコンから離れられないために引きこもってしまうひとが増えているのです。
インターネットのゲームやチャットを利用している人は少なくないと思いますが、あまりはまり過ぎないように気をつける必要があるでしょう。
どんなことがきっかけとなって対人恐怖症になるかは人によってさまざまですが、日頃から気をつけておいたほうがいいでしょう。