対人恐怖症と睡眠障害の関係

対人恐怖症と睡眠障害の関係

対人恐怖症で悩んでいる人で、精神のバランスが不安定な状態であるため、ぐっすりと深い眠りを取ることができないという人も少なくありません。
これを睡眠障害といいますが、このような症状は多く見られます。
深くぐっすり眠ることができないと、寝不足からイライラしたりストレスになってしまうこともあります。
寝不足で目の下にクマができてしまうくらい眠れない日が続いたりすると、次はクマを見た人が笑っているのではないかと思ってしまって、さらに対人恐怖症が深刻になってしまうことがあるので気をつけましょう。
なかなか眠りにつくことが出来なかったり、眠れたとしても朝までに何回も目を覚ましてしまうというような睡眠障害が現れることがあります。
起きようと思ってた時間よりも早く目が覚めてしまったり、たくさん睡眠時間を取ることができたはずなのに、疲れがからだから抜けてないと感じてしまう場合もあります。
その場合は精神科などで睡眠薬をもらって、薬を飲んででも眠ろうとしている人もいますが、根本的な問題を取り除かない限り回復できたことにはなりません。
まず睡眠障害になった原因が対人恐怖症の場合は、病気を改善することで睡眠障害も次第に治ってくるでしょう。
対人恐怖症が原因だと思っていたひとのなかには、逆に睡眠環境のほうに原因があったという場合もあります。
合わないまくらを使っていたり、眠るまでパソコンやテレビを見ていたりすると良い睡眠が取れないこともありますので生活を見直すことも重要でしょう。