対人恐怖症と仕事選び

対人恐怖症と仕事選び

対人恐怖症から脱出するためには、多くの人と関わったほうがいいように思えますが、場合によっては無理をしすぎたために、ストレスが溜まったり、より深刻な鬱になってしまうことがあります。
対人恐怖症の人は、仕事を見つけることは難しくなってしまいますが、無理をしてでも人と関わる仕事を選んでいるという人もいるのです。
自分がどんなときにストレスを感じるのをよく理解しておくのがいいでしょう。
人と直接顔を見て話すことにはかなりのストレスを受けるけれど、電話であれば普通に話ができるという人もいます。
そんな人なら接客など直接関わる仕事を選ばなくても、テレフォンオペレーターなどの仕事なら安心して働けるのではないでしょうか。
また対人恐怖症が進んでしまってどんな仕事であれ人と関わることが難しいのであれば、人と接しなくてもできる在宅ワークを探してみるのもいいでしょう。
しかし対人恐怖症を治さないと、仕事を見つけることはとても困難になるといえるでしょう。
無理に働くと今よりもっと症状がきつくなってしまうかもしれないので、まずは精神科医などに相談して、病気を改善することから始める必要があるでしょう。
病気が改善できれば、本来やりたいと思っていた仕事につけるようになったり、毎日楽しく働くことができるようになるでしょう。
対人恐怖症が重くなってしまったら選べる仕事の幅が狭くなってしまうので、まだ軽い症状のうちに改善できるようにしたほうがいいでしょう。