対人恐怖症と学校生活

対人恐怖症と学校生活

対人恐怖症になるといろいろなところで不安や辛さを感じることが多くなってしまいます。
学生なら、人と話すことのが嫌になり学校を辞めたいと思ってしまうこともあるでしょう。
学校を辞めたいと思ってしまう人は少なくないので、自分だけが変わっているとは思わないことが重要です。
学校生活は集団行動をしなければならないことも多いので、授業だと先生に当てられるのが怖くてドキドキしながら学校生活を送っている人もいまるのです。
また体育の授業のときには、クラスメイトとの集団行動で自分のせいでみんなに迷惑をかけてしまうのではないかと思いこんでしまい、
心配がそのまま失敗に繋がってしまうこともあるでしょう。
対人恐怖症の症状が中度〜重度に進行してしまうと、学校でも浮いた存在になってしまうこともあるので、場合によってはイジメのターゲットになってしまうこともあるでしょう。
そして病気やケガなどで長い期間休んでしまったときに休み明けの学校生活が居心地が悪くなったと感じてしまうこともあるようです。
休んでいる期間に学校の行事などがあったとき、そのときの会話に入るることができなかったり、
自分が孤立しているように思ってしまうこともあります。無理をして学校に行ったりした結果、今よりひどい症状になったり鬱病になってしまう場合もあるので、
このように対人恐怖症で学校にどうしても通うことができなくなったならば、夜間の学校や通信制の学校など、選択肢は一つではないので、安心して生活できる空間を作るようにしましょう。
小学生や中学生の場合は自分から苦しい状況を伝えることが難しいので、親が子ども様子を常に気にかけてあげようにしましょう。