対人恐怖症と考え方

対人恐怖症と考え方

対人恐怖症とは、人にどう見られているかが気になってしまう病気だということができます。
これは病気でなので、気にしすぎたり考えこまないほうがいいよと言っても、すんなり受け入れることができる人は少ないでしょう。
もし対人恐怖症になってしまったら、いろいろなことでそこまで考える必要がないような考え方になってしまいます。
対人恐怖症の特徴のひとつとして、自分が周りの人からどんな風に見られているのかがとても気になってしまうというケースが多いようです。
自分の言ったことで相手に嫌な気分にさせてしまったのではなどと気になって仕方がなくなるようになります。
相手が自分に少しでも冷たい言い方や態度を取られただけで、自分のことが嫌いなんだと、自分が悪いことをしてしまったんだとか、少しのことで思い詰めてしまうのです。
人と自分を比べてしまう事から相手の考えや態度が気になってしまうので、
この場合どのように対処すればいいのかというと、まずは自分と人を比べないようにすることが重要でしょう。
自分は自分の考え方やそれぞれの個性があっていいんだというように思うことが一番です。
対人恐怖症になってしまうと、こんな風に考えれるようになったり、気持ちを切り替えれるまでには時間がかかってしまうでしょう。
人の目が気になるときは誰にでもあることなので、自分がおかしいのではないかとあまり考え過ぎないようにしたほうがいいでしょう。
ゆっくり心のメンタルを強くして、あまり人のことを気にせずに生活するように心がけましょう。